不登校

ひきこもりの男性

不登校

2020/5/25

ニート・ひきこもりから脱出したい!原因と社会復帰までの3ステップとは

「引きこもり」や「ニート」という言葉は近年様々な場面で使われるようになりました。 自分が引きこもりではなくても、家族や知人がそうだったりすることも多いと思います。 引きこもりやニートとはいったいどのような状態を指すことなのでしょうか? 引きこもりとニートの違いとはいったい何なのでしょうか? 日本全国で引きこもり状態にある人は推定で約100万人、ニート状態にある若者は約50万人いると言われています。 引きこもりやニートになってしまうのは何らかの原因があるからです。 原因を理解・改善し適切な環境選択を行い、引 ...

不登校

2020/5/18

急かさず焦らず。高校生の不登校の我が子へ親ができる5つの対策

高校への進学率は97%を超えており、今や高校への進学は当たり前になってきました。 しかし、高校生の不登校は決して少ないとは言えない状況で、高校生の約40人に1人が不登校ともいわれています。 高校は義務教育ではないので、進級や卒業するためには単位が必要です。 連続して休むと2か月足らずで欠席日数のリミットが、同じ曜日・時間帯ばかり休むと欠課時数のリミットが来たりします。 では高校生の子どもが不登校になってしまったら、親にできることは何なのでしょうか? 高校生の子どもが不登校になってしまった時とるべき対策を紹 ...

学校でのトラブル

不登校

2020/5/18

休ませて「心の充電」を。中学生の不登校の我が子へ親ができる5つの対策

文部科学省が発表している調査では、小学生の不登校はおよそ250人に1人なのに対し、中学生ではおよそ35人に1人へと急激に増加しています。 小学校から中学校への進学に伴い、クラスや部活動における友人関係など「子どもの環境」は大きく変化します。 不登校の原因の多くは、新しい環境がもたらす子どもへのストレスから生じます。 新学期のはじめや長期の休み明けの時期などは特に不登校が起きやすいタイミングです。 では中学生の子どもがもし不登校になったら親はどのような対策を取ったらよいのでしょうか? 中学生の子どもが不登校 ...

小学生の不登校

不登校

2020/5/25

子どもに「居場所」を。小学生の不登校の我が子へ親ができる7つの対策

年々増え続ける不登校児童。新学期や夏休み明けなどの生活の変化が起きる時期や長期の休み明けの時期は、とくに不登校になりやすいです。 もし、小学生の我が子が不登校になってしまったら親はどのような対策をとればいいのでしょうか? 小学生の子どもが不登校になってしまった時にとるべき対策を紹介します。 不登校の小学生の子どもに親ができることとは 小学生の子供が不登校の時に親がとるべき7つの対策 学校を休ませる 子どもの話を聞く いろいろなものに触れさせる 自信をつける 学校の先生を交えて話をする 学校に行く以外の道を ...

不登校

不登校

2020/5/1

まだ間に合う!子どもの不登校の8つの原因と年代別の対処法とは

小学生中学生、高校生まで近年増えてきている不登校不登校はどんなお子さんもなる可能性があります。 では、もしお子さんが不登校になってしまったら、親はどうすればいいのでしょうか?原因を知ることで、どういった対応を取ればいいのかわかるようになります。ここでは、一般的に考えられる原因とその対処法について解説しますので、参考にしてみてください。 不登校の原因と親ができることとは 不登校の8つの原因とその対処法とは 勉強が楽しくない・成績がわるい 宿題がやれない・提出できない 授業が楽しくない・授業がイヤ 朝起きれな ...

© 2021 フリースクール・通信制高校サポートなび