不登校

子どもが不登校になったときの5種類の相談先と選び方のポイント

不登校は、本人と家族だけでは解決が難しい問題です。

不登校になったことを相談することは恥ずかしいといった理由で、第三者に相談することをためらってしまうこともあるかもしれません。

しかし、無理に家庭内だけで対処しようとすると、不登校が長引いてしまったりしてしまうこともあります。

本人や家族だけで解決しようとはせず、不登校の悩みを相談できる窓口や専門機関を利用しましょう。

それぞれの相談先について、詳しく解説します。

不登校になった子どもの相談ができる相談先一覧

不登校の子どもの相談をできる相談先は公的機関と民間の相談先があります。

公的機関の不登校に関する相談先とは

スクールカウンセラー

常勤もしくは非常勤で公認心理師や臨床心理士などの資格を有したカウンセラーが在籍しています。

校舎内での相談になるため十分な時間を取れなかったり、十分なプライバシー性を保証することができなかったりしますが、無料で相談することができます。
スクールカウンセラーに相談することで、医療や専門機関を利用する必要性を提案されることがありますので、最初の相談先としてお勧めです。

教育委員会の教育相談窓口

電話相談や対面相談で相談できると思います。

教育畑のスタッフが対応する場合と心理畑のスタッフが対応する場合とで印象が違うと思います。

適応指導教室など学校以外で登校できる場を有している場合がほとんどですので、今の所属校には登校したくないけど、適応指導教室なら登校しても大丈夫と子どもが思う場合もありますので相談してみてもよいでしょう。

医療機関

子どもが不登校になったときに最初に親がするべきは、子どもが学校に登校できないことを子どもの努力・根性・性格のせいにせずに、医学的に体と心に異常が出ていないかどうかチェックすることです。

これをせずに子供と向き合っても、最終的には子どもの努力・根性・性格のせいにしてしまって、親子関係が壊滅してしまうことは目に見えています。

そうなれば不登校が長期化します。また、SNSでいかがわしい大人からあなたの大切なお子さんが狙われるリスクが増します。危険です。

必ず、メディカルチェックが必要です。できれば分子栄養学や遺伝子栄養療法などの知見からアセスメントしてくれる専門家を探すとよいでしょう。

民間の不登校に関する相談先とは

カウンセリング機関

有料のサービスになりますが、学校で行う相談と異なり完全にプライバシーが守られるので安心してじっくりと相談することができます。

子どもが相談に行くことを望まない場合も、どのように子供にかかわることが効果的なのが相談できますのでお勧めです。

子どもの変化にはタイミングも重要です。そのタイミングに備えて親であるあなたが万全の状態になるためにもぜひカウンセリング機関を利用しましょう。

フリースクール

子どもの居場所を確保することはとても大切であるといえます。

不登校になった子どもは、どう生きていくかよりも、生きるか死ぬかで悩んでいますから、主要5教科を学習させるよりも本人の興味関心のある領域の触れられるところがよいでしょう。

イラスト・マンガ・アニメ・ゲーム・YouTube配信など、親から見ると遊びのように見えるかもしれませんが、どれも真剣にやったら稼げる領域です。

そうした居場所で、好きなことに浸っているうちにようやく子どもたちは、生きるか死ぬかのレベルから、どう生きるかのレベルに浮上することができるようになります。

経営者や直接処遇のスタッフのスタンスを確認することが必須です。

居場所とは単なる空間ではなく、子どもに関心をもってくれて、子どもをありのまま受け入れてくれて、子どもの意見を尊重してくれる人とのつながりのことを示しますから、そのような経営者なのか、スタッフなのかを確認する必要があります。

 

状況別、不登校の相談先の選び方のポイント

不登校の男の子

子どもが不登校になってしまった場合、

といった場合が考えられます。
それぞれの原因によって対処法が異なります。

学校でのいじめが原因で不登校の場合

いじめが原因の時は必要に応じて、警察・弁護士の利用を検討しましょう。

学校やカウンセリング機関、医療機関にご相談いただいてもよろしいですが、弁護士や警察にご相談されることもご検討したほうが良い場合があります。

それは学校には警察のもっている捜査権がないので、犯人を捜査することができません。

また、心理カウンセリングなどの相談は、自分自身をどうするかという対自葛藤には有効ですが、相手が存在していると対他葛藤になり、権利や人権ということもでてくるので、警察や弁護士が得意とする分野になります。

ちなみに警察が動くのは

  • 命を脅かしたとき
  • 身体を傷つけたとき
  • 名誉棄損を含む財産を脅かしたとき

になります。

昼夜逆転が原因で不登校の場合

昼夜逆転の場合は、昼夜逆転の結果、子どもに心身の不調がでて不登校なのか、子どもに心身の不調が出た結果、昼夜逆転と不登校になったのか検証する必要があります。

まずはメディカルチェックです。できれば栄養療法実施の医療機関でチェックを受けるとよいでしょう。

その後は、カウンセリングを受けられる相談先で、子ども本人が生きるか死ぬかレベルからどう生きるかレベルになるまで相談されるとよいでしょう。

居場所の提供という点に関してはフリースクールなどをご利用されることが有効です。

どう生きるかレベルになったら、学業復帰、社会復帰の順で学校の教師を交えて、プランを立てます。

甘えが原因で不登校の場合

正直、甘えが原因で不登校になることはほとんどありません。

大事なのは甘えだと思っても、子ども本人の努力・根性・性格のせいにしないスタンスを保つことです。

子供は学校に行く気はあるのに本人にもわからないナニカによって邪魔されているとらえた方が、親子関係がうまくいきます。

親にやる気を疑われることほど子どもが苦しむことはありません。

とはいえ、そのように対応するにはコツがいります。カウンセリングを受けられる相談先を利用されるとよいでしょう。

 

自信とスキルを身に付ける!おすすめのフリースクール・就業サポートなら

イラスト・マンガ教室SMILESの卒業・就職サポート

まずはお問い合わせ!

    必須体験者氏名

    必須連絡先メールアドレス

    任意ご希望のコース内容

    任意質問・ご相談内容など

    -不登校

    © 2021 フリースクール・通信制高校サポートなび