オンラインのフリースクールegaco|イラスト・マンガ・3DCGが専門的に学べる

  1. HOME >

オンラインのフリースクールegaco|イラスト・マンガ・3DCGが専門的に学べる

オンラインのイラスト・マンガ・3DCG・プログラミング学習サポート受講生募集

オンラインの仲間たち

まずはオンライン無料体験

\ こんなご不安ありませんか? /

よくあるお悩み

  • ちゃんと学校を卒業できるか不安
  • 学校に行きたくない。つらい。
  • 集団学習には馴染めない
  • 一人ひとりの価値観を大切にしてくれる環境が欲しい

そのお悩み、、

当校卒業・就活サポート

なら力になれます!

当卒業・就活サポートが選ばれる3つの理由

専任のカウンセラーによる卒業サポート

通信制高校や定時制など状況に合わせた進学先の提案・継続サポートで好きな時間に自分のペースで学びながら卒業へと近づけます。

個別指導風景

本人が好きなイラスト・漫画制作を好きなだけ学べ、講師とも好きなことを通してコミュニケーションを取ることで、毎日がもっと楽しくなります。

選べるレッスンプラン

安心の月謝制で気軽に通え、オンラインや通学など切り替えも自由。継続できて結果につながる。休止や再開も可能なので自分のペースに合わせて通える。

公認心理師が担任の当校を利用するメリットとは?

カウンセラーの傍島先生

担任:傍島先生 臨床経験16年の公認心理師。

臨床経験16年の公認心理師。精神科クリニックやトラウマ専門カウンセリングルーム、スクールカウンセラーを経て現職。「自信がない人を一人でも多く、自信のある人へ」という信念のもと活動しています。 私は、みなさんに創作活動とレッスンに耐えられる体と心になっていただけるよう全力でサポートし、専門講師とみなさんの橋渡しもさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

好きなアニメ:サイバーフォーミュラ、ソードアートオンライン、魔法科高校の劣等生

イラスト・マンガでチャレンジしてみたいこと:似顔絵や立体的な絵がかけるようになること

メリット:家族の仲がより良くなる

家族のだんらんイラスト

子どもの努力・根性・性格のせいにしない国家資格の心理カウンセラーが担任となり、これまでのお子さんとご家族のお話を伺いし、学校に行きたかった子どもの気持ちが何に邪魔をされて学校に行けなかったのか、体質・心の傷・ストレスの観点から要因と解決策をご提案いたします。

・これらを明確にすることは1日8時間週5回の就労を希望される場合にも役に立ちます。

・また、自分の努力・根性・性格のせいだ、こんなダメな自分は消えてしまった方がよいと自責感にさいなまれいた状況から解放されて、子どもはこれまでの自分を許すことができ、子ども自身のことを好きになり、前向きになれます。

・また、ご家族は家族だからこそできる具体的な援助方法を知ることができます。子どもを応援したい気持ちを具体的な支援として子どもをサポートすることができます。

メリット:自信がつく

自信がもてた男性

担任の心理カウンセラーが、生徒個々の特性と望ましい配慮を、プログラミング・イラスト・マンガの各専門講師に伝え、生徒・講師・担任でカリキュラムを考えるので、安心して通学することができます。

また、それぞれのスキルアップの他に、実際にプログラミング・イラスト・マンガの仕事に応募したり、請け負ったりのサポートも生徒それぞれの状況に応じた提供をいたします。必要なサポートを受けながら自信につながる体験ができるようにサポートします。

メリット:他者を尊重できるようになる

他人を思いやれる人

誤った自責感から解放され、家族に支えられ、自分自身の好きなことに打ち込むことを尊重される体験をすることによって、自尊感情が育まれるとともに他者を尊重できるようになります。

自尊感情と他者尊重は生きる力と言われており、社会生活を営むための基盤となる力を養うことができます。

各講師の役割

公認心理師

専任のカウンセラーによる卒業サポート

国家資格の心理カウンセラーが担任をつとめ、各生徒の所属校の宿題・レポートをチェックし、所属校の卒業を目指します。進捗が著しく停滞している場合は、その要因を分析し、改善策を生徒・保護者に提案いたします。進捗が著しい場合は、保護者の指示のもと、生徒が所属校の宿題・レポートに取り組むのを見守ります。

イラスト・漫画学校SMILESの講師

個別指導風景

・イラスト・プログラミングなど専門の講師がいる空間で作業をし、講師の手が空いているときはいつでも質問ができます。※12:00~13:59の間は除く

・イラスト・プログラミングのオファー(無料もしくは少額)を受注するためのサポート(ポートフォリオ作成を含む)も行います。

ポイント

毎回の担任との5分面談は必須です。面談内容はその都度メールにて保護者に伝えます。生徒に応じていただけない場合も保護者に報告します。

担任との5分面談以外は基本的に生徒・保護者・担任の合意で決めた学科学習やイラスト・漫画制作学習、プログラミング学習をして過ごします。

オンラインで先生や同じ仲間と繋がれる

オンラインの仲間たち

教室ではオンライン上の受講者限定の会議室を開放し、ほかの受講生とのコミュニケーションや、掲示板でのイラスト・マンガ・3DCG制作の進捗共有などを行っております。

一緒に学ぶ仲間をぜひここでみつけてみていただければと思います。

一日の流れ・カリキュラム例

イラストは大好き、所属校のレポートはこなせる、でも朝から活動することができないAさんの場合

Aさんは中学生の時に起立性調節障害の診断を受けます。起立性調節性障害があると朝から活動することができません。その場合は努力・根性でなんとかしようとチャレンジさせても生徒に自信を失わさせるだけです。午後からの投稿を迷わず選択しましょう。

Aさんカリキュラム


  • 14:00

    登校


  • 14:10~14:15

    担任との5分面談


  • 14:20~17:00

    イラスト作成


ゲームアプリの開発に夢中、所属校の課題学習が停滞しがちなBさんの場合

Bさんは小学校から不登校でした。小学校ではマインクラフトにはまっていましたが、いまはスマホ・アプリ・ゲームの開発に夢中です。Bさん、保護者、担任との話し合いのもと、家庭では所属校の課題に取り組めないので、1時間を所属校の課題に取り組むことに決めました。Bさんはお昼休憩が終わってからの1時間で所属校の課題学習をしています。

Bさんカリキュラム


  • 10:00

    登校


  • 10:05~10:10

    担任との5分面談


  • 10:15~11:59

    ゲームプログラミング学習・制作


  • 12:00~13:00

    お昼休憩


  • 13:00~14:00

    所属校の課題学習


  • 14:00~17:00

    ゲームプログラミング学習・制作


マンガが大好き、対面のコミュニケーションが苦手、所属校の宿題には取り組めるCさん

Cさんは中学生以降・対面でタイムリーなコミュニケーションが苦しくなり不登校になってしまいました。Cさんの苦しい気持ちを支えていたのはマンガでした。マンガ作品を作ってみたいと強く願うようになり入学となりました。Cさん・保護者・担任との話し合いでオンラインで通学することにしました。対面でタイムリーに口頭で会話することが苦手なので、担任や講師とのやり取りはチャット機能を使用することにしました。

Cさんカリキュラム


  • 10:00

    オンライン登校


  • 10:00~10:05

    担任との5分チャット面談


  • 10:10~13:00

    マンガ作成


まずは体験レッスン・フリースクール案内にお申し込み下さい

体験ではオンラインフリースクールの説明や体験などをおこなっています。下記のフォームからお申し込みの上、ご体験くださいませ。

    必須体験者氏名

    必須連絡先メールアドレス

    任意ご希望のコース内容

    任意質問・ご相談内容など

    © 2021 フリースクール・通信制高校サポートなび